痛みを抑える配慮は随所に|ボトックス副作用を防ぐ方法【注入量の調節が大切】

痛みを抑える配慮は随所に

注射

安全は大きな特色

痛みはボトックス副作用の1つですが、実際にはそれほど強い痛さはなく、治療でも注射の前に冷やすだけで、麻酔を施さない場合が多くなっています。これはヒアルロン酸などと違いボトックスは粘度が高くなく、サラサラしているため、太い注射針を使わずに済むためです。30Gもしくは34Gなど、髪より細い注射針を使うことで、痛さはあまり感じなくなります。ボトックス治療では針の細さにも妥協を許さないクリニックは少なくありませんが、そのサービスは患者の痛みを軽減する狙いがあったのです。しかし、美容クリニックでは麻酔も用意されていますので、麻酔なしの場合でも、患者が希望すれば別料金などで処置してくれます。多くの場合、麻酔ではクリームタイプや貼付タイプを使いますが、何カ所に少しずつ注射する治療では、人によって途中で痛みを感じる場合もあります。その場合のボトックス副作用ではガス麻酔を施してくれるケースがあり、特に笑気麻酔は効き目も早く、痛みの感覚が弱くなる仕組みになっています。ですから注射が嫌いな方、あるいは痛みにとても弱い方でも、安心してボトックス治療を受けられるのです。ボツリヌス菌由来の製薬剤がボトックスですが、少し詳しい方なら、その菌が食中毒の原因になることをご存知かもしれません。ですが、当然ながら美容整形で使うボトックスには食中毒という副作用を起こす心配はなく、安全に利用できるのが大きな特徴となっています。特に世界でもトップシェアを誇るアラガン社のボトックスは、本国のアメリカと、日本でも厚生労働省の許可を唯一得ており、安全性が高いのが特徴です。ですが、どんなに安全な料理でも食べ過ぎればお腹を壊すように、ボトックスも打ち過ぎれば、効き過ぎといった副作用が現れます。そこで、美容クリニックではそのボトックス副作用を防ぐため、治療前には必ず診察やカウンセリングを行い、患者に見合った注入量を決定するのが特色です。そのことで小顔治療なら咀嚼の不具合や、シワ取り治療なら表情の乏しさといったボトックス副作用が抑えられるようになっています。そのほか、治療に伴い極稀に内出血ができることもボトックス副作用ですが、これは細い注射針を使うほど防げるのが特徴です。

Copyright© 2018 ボトックス副作用を防ぐ方法【注入量の調節が大切】 All Rights Reserved.