美容に欠かせない製剤

注射

ボトックス副作用には、表情のこわばりや眉毛の異常な挙上などが挙げられます。これは注入量のバランスや注入する筋肉に気をつけることで回避できます。費用の相場は目元や眉間などは2万円から3万円、エラは4万円から5万円です。

詳しく見る

安全性の高いボトックス

医者

ボトックス副作用は起こりづらい問題ですけど、施術方法の間違いなどによって発生する場合もあります。もし異常が起こった時は早めに治療を受ける必要があるため、施術後の体調がおかしくないか確認するのは大切です。

詳しく見る

痛みを抑える配慮は随所に

注射

痛みはボトックス副作用の1つですが、麻酔のほか、髪より細い注射針を使うことでも抑えられる仕組みになっています。また、ボツリヌス菌由来とはいえ、ボトックスには食中毒の副作用はなく、効き過ぎといった副作用も適切な注入量で防げるのが特徴です。

詳しく見る

知識を入れてから予約を

顔に触れる女性

ボトックス注射は主に表情ジワの改善に有効な治療となっていますが、薬剤だけにボトックス副作用の可能性はゼロではありません。法令線の治療では表情の喪失が、眉間のシワの治療ではスポック・ブローという眉尻が過剰に上がる症状が出る可能性があります。

詳しく見る

ボトックスを使う美容治療

看護師

ボトックスは、筋肉弛緩の特徴を利用して筋肉の発達をおさえ、しわやエラを解消する力のある成分です。ボトックス副作用として、筋肉の過度な脱力感や呼吸のしづらさ、かゆみなどが現れることがあります。副作用が重度の場合はすぐに病院へ行きましょう。

詳しく見る

ボトックスの副作用

カウンセリング

安心して利用するために

美容整形で人気の一つがボトックス注射です。注射だけで施術時間もかからず、コストもかからないのが理由の一つだと言えます。ただあまり知られていないメリットがあり、それはボトックス副作用の少なさです。一般的にボトックスは筋弛緩効果を利用しており、顔の筋肉を緩めることでシワをなくしてしまうというものです。そのため、過度に使用してしまうと筋肉の脱力を招くボトックス副作用が考えられます。ただし、施術するとき最初は量を少なめに注入していくため、ほとんど副作用の症状を感じることはありません。そして、ボトックスの効果と副作用を観ながらボトックス注射を調節していくわけです。またボツリヌス菌の生成物を利用しているため、それに対するアレルギー体質を持っている人は利用することはできません。美容整形クリニックなどではボトックス注射を行う前にパッチテストなどでアレルギーの有無を確認しています。このように、副作用やアレルギーに対して対応しているため、安全な美容整形として外科医も安心してお勧めできるわけです。どのクリニックでもボトックス副作用には最善の注意を払っていますが、やはり万全を期すためにも安心できるクリニックを選びたいものです。その選び方としては、実際にクリニックを体験した人の声に耳を傾けるのも一つの手段として有効です。といっても、現実では美容整形を体験した人を探すのは大変です。体験者も実名が分かっている状況では、口に出しにくいケースが少なくありません。そこで活用するべきは、インターネットです。インターネットでは匿名性があるため、体験者も包み隠さずにその内容を教えてくれるものです。最近では、体験談を集めたサイトもあるので、そちらも有効だと言えるでしょう。その体験談で重視するべきはインフォームドコンセント、つまり、医師の丁寧な説明を受けた上での合意を出来たかどうかです。ボトックス副作用やアレルギーなどの説明をされ、それに基づく処置をしているクリニックであれば、安心度はさらに高いです。ボトックス副作用に不安を抱いている人は、まずはその辺からクリアにしてみると良いでしょう。

Copyright© 2018 ボトックス副作用を防ぐ方法【注入量の調節が大切】 All Rights Reserved.